放射線治療で病気を治す|がん細胞除去医療

先生

身体にやさしいがん治療

生得の防御機構を活用

病院

ヒトの身体の中では、免疫細胞と呼ばれる細胞組織が活動しています。免疫細胞は、体内に入り込んだ細菌やウイルスなどを発見するとこれを攻撃し、無力化します。つまり人体には自ら病気を予防したり治療したりする能力が備わっていることになります。また、免疫細胞はやはり人体に害をなす悪性新生物、すなわちがん細胞に対する攻撃能力も有しています。そこで、現在ではこの能力を積極的に利用することでがんの治療を目指す医療技術が実用化されています。それが免疫細胞治療です。免疫細胞治療は患者自身の免疫細胞を治療材料として使用するため、拒否反応や副作用のリスクがほとんどないという利点があります。そのため、体力的な問題等から通常の治療法を受け付けることのできない患者にも有効であるとして人気が高まっています。

他の治療法との併用も可

免疫細胞治療は使用する免疫細胞の種類によっていくつかのやり方があります。たとえば免疫細胞の1つである樹状細胞は、正常な細胞とがん細胞とを見分け、がん細胞だけを攻撃するよう他の免疫細胞に指示する役割を担っています。そのため樹状細胞療法では、樹状細胞とがん細胞を一緒に取り出して攻撃目標に関する情報を取り込ませてから体内に戻します。一方、NK細胞はそれ自体が強力な攻撃能力を持つ免疫細胞です。そのためNK細胞療法ではこの細胞を特殊な環境下で培養し、増殖させてから体内に戻すという治療法が行われます。いずれの治療法を採用するにしても、免疫細胞治療には患者の身体への負担が非常に小さいという利点があります。加えて、抗がん剤投与をはじめとする他のがん治療との併用も可能です。