放射線治療で病気を治す|がん細胞除去医療

先生

がん対策として進む研究

免疫の役割を活かす利点

病院

現代における国民病の1つとも言われるガンに対しては、依然として様々な角度からの研究と対策試案が続けられています。その中で現在になって、対策としての光がさしつつあると言われる治療方法が挙げられています。その代表が免疫治療による方法とされています。免疫治療とは体内にもともと備わる免疫機能を、ガン細胞に対して効率的かつ重点的に攻撃できる様に働きかける狙いを持った治療法だとされます。免疫機能を司る細胞群には、それぞれ個々の役割を持っているとされます。その役割ごとの働きを補助または強化する事で、集中的にガン細胞を狙った攻撃をする事に繋がると考えられています。その結果、患者にとって負担や副作用の少ない治療が期待できる他に、ガンの挙動に対して柔軟かつ確実に対応した治療を行える様になる期待が持たれています。

ガン対策としての歴史

免疫治療としてのアプローチでは活性化させる細胞が持つ機能に応じて2つに大別できるとされます。1つが特定の病巣を徹底して攻撃する局所型、もう1つが攻撃対象を問わない全体的な免疫能力を強化する底上げ型です。ガン対策ではこれまでに後者型の対策が行われていたものの、思った様な成果は出ていなかったとされます。それが近年になって、ガンと正常な細胞を判別する体内の仕組みが解明され、それを活かしたガンへの局所型攻撃を可能にする治療法への光がさしたと言われています。その結果、今までは全身に広がったガンに対しては抗ガン剤による対処が主だったとされる全身療法において、免疫治療によってガン細胞群を的確に追尾した確実な治療に繋がるとみられています。