放射線治療で病気を治す|がん細胞除去医療

先生

副作用のないガン治療

3つの治療法との併用効果

病院

ガンの治療法には3つの治療法があります。抗がん剤治療、放射線治療、外科的手術です。これらが有効なのは早期発見された場合です。転移している場合には放射線治療や外科的手術では治療が難しくなるため、抗がん剤治療を行うことになります。抗がん剤治療はある程度の効果がありますが、副作用があります。かなり副作用が強いため、ガンは抑えられても体力的にもたない場合が多いのです。このような治療の状況の中で新しく出てきたのが免疫細胞療法なのです。免疫細胞療法の最大の特徴は副作用がないということです。しかし免疫細胞療法だけで完治させることは難しいため、他の3つの治療法と組み合わせて行うことにより、治療の効果をあげています。

クリニックの選び方が重要

まだ未知の分野がある免疫細胞療法ですが、一定の効果があることは認められています。注意すべき点は、免疫細胞療法を行うクリニックの選び方です。最近は免疫細胞療法を行う病院やクリニックが増えていますが、免疫療法の専門家がいるかどうかを確認することが大事です。また、きちんと専門家の医師がカウンセリングしてくれるかどうかも大事です。なぜなら免疫細胞療法を受ける患者というのは、他の3つの治療法で効果がなくて最後の拠り所としてやってくるケースが多いからです。精神的にかなり追い詰められているので、医師のカウンセリングが必要なのです。多くのクリニックではクリーンルームでワクチンを作っているのですが、中には他のクリニックに委託している場合があります。治療を受ける前に自前で作っているかどうか確認することです。免疫治療の専門家なら、自前で作っているはずだからです。