放射線治療で病気を治す|がん細胞除去医療

先生

がん対策として進む研究

病院

ガン対策としての免疫治療には、今後より確実にガンの病巣を撃退する様な治療法としての実現が期待されている。もともと免疫治療では局所型と底上げ型と言える2タイプがある。近年になって局所型治療を可能にするガン判別機構が発見され、全身療法への応用が期待される。

継続する治療法

臓器を残すことが可能

病院

すべてのがんに対応できるわけではありませんが、放射線治療ならば体を切ることなく比較的負担の少ない治療でがん細胞を減らすことができます。現在では放射線治療の技術が進歩して、がん細胞だけに放射線を当てることが可能になっています。これにより、副作用を減らすことができるので日常生活への影響も減っています。放射線治療の大きなメリットは、手術とは違い臓器を維持すること可能です。がんの進行具合にもよりますが、手術となると臓器を摘出しなければいけないケースもあります。がんでも初期のものならば、放射線治療だけで改善することも多いです。医師に診てもらわなければ分かりませんが、現在は放射線治療をするところが増えています。がんの可能性があるならば相談してみるとよいです。

計画通りに受ける

放射線治療は効果がありますが、それはきちんと受けた場合だけです。忙しいなどの理由から放射線治療が計画通りに進まないと、効果が減ってしまう可能性が高いです。放射線治療の計画は、きちんと治すために医学的根拠に基づいて立てられています。早く治したいのであれば、決められた日時に病院に行くことです。放射線治療は、入院せずに通院して治療を行う方法です。一度受けたから終わりではなく、継続して放射線を受けることでがん細胞を減らしていきます。医師ときちんと相談して、無理のない計画を立てることを忘れてはいけません。体への負担などを考慮すれば、放射線治療がいいと分かりますが正しい方法をきちんと守ることで効果を発揮します。

身体にやさしいがん治療

病院

免疫細胞治療とは人体に生来備わっている免疫細胞の力をがん治療に利用した治療技術です。免疫細胞には体内にある有害物質を排除する働きがあるため、これによってがん細胞を攻撃・無力化させます。副作用などのリスクが小さいのが特徴です。

副作用のないガン治療

病院

ガンには抗がん剤治療、放射線治療、外科的手術の3つがあります。最近注目されているのは免疫細胞療法です。この治療法の特徴は副作用がないことです。治療を行う時にはクリニックに免疫治療の専門家がいるかどうか確認することが大事です。